科学で「食」の未来が変わる?ここまで進んだ「人工肉」

人工肉ハンバーガー写真 雑記

「人工肉」って?なに?

12月20日ワールドビジネスサテライトで紹介されてました、アメリカで開発が進む「人工肉」。

アメリカ サンフランシスコのレストランで人気の「インポッシブルバーガー」。

「ありえないハンバーガー」というその名の食べ物は、見た目は普通のハンバーガーですが、牛肉のパテの代わりに「人工肉」を使ったものなのです。

100%植物由来の成分から作りだされたこの人工肉は、焼いた時の焦げ目も本物の肉とほぼ同じ。

普通のハンバーガーより健康的で良いと人気が出ているそうです。

 

開発者は?

開発したのは、シリコンバレーのベンチャー企業。その名も”インポッシブル・フーズ”

創業者は、スタンフォード大学「生物科学」名誉教授 パット・ブラウンCEO。

この企業約130人の内、2/3が科学者だそうです。

 

成分は?

牛肉の味に近づけるようにと分子レベルで解析をして開発されたとのことです。

”植物由来の成分だけで肉や魚を作りたいと考えた”そうです。

 

肉本体は、小麦から抽出されたプロテインつまり”タンパク質”からできています。

つなぎは、こんにゃくの成分の炭水化物。

脂肪を再現するのは、ココナッツオイルと大豆プロテイン。

 

カギをにぎるのは・・・

レグヘモグロビン” マメ科の根に存在する血液に似た成分なのだそうです。

 

開発のねらいは?

開発のねらいは、地球環境への負荷を減らすことです。

 

畜産の場合、飼育の過程で大量の水や飼料が必要で、二酸化炭素も排出されます。

人工肉なら、これを大幅に削減できるのです。

 

このビジネスには、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ氏が100億円以上投資しているそうです。

 

他の企業も開発

他の企業や大学研究者なども開発が進んでいて、すでに高級スーパーのホールフーズマーケットが”ビヨンド・バーガー”という商品を売り出しています。

三井物産が出資していて、2017年にも日本で販売されるようです。

 

”培養肉”も開発が進む

メンフィス・ミートという企業。

牛肉から採った細胞を培養する技術を使い、人工肉を作ることに成功しました。

すでに”培養ミートボール”や”培養かたまり肉”を開発していて、食肉業界の話題になっています。

 

 

未来は?

飼育時に使われる抗生物質から耐性菌が生じる問題や、大量の二酸化炭素を排出するとされる問題があるほか、動物たちの処理方法は拷問との見方もあるため、今後ますます期待されると思われます。

味やコストの問題もありますが、肉を食べないベジタリアンだけでなく、むしろ肉を食べる人にどう受け入れられるかが、カギとなりそうです。

 

一度食べてみたいものです。

 

コメント