サクサクの油揚げが美味!もやしと焼き油揚げの和え物

もやしと焼き油揚げの和え物写真 和食

油揚げと薄揚げ?厚揚げは何が違う?

油揚げは、豆腐を薄く切って油で揚げた物です。

江戸時代に江戸の町で食べられてました。

 

地方によっては、薄揚げと呼んでいますが、基本的には油揚げといっしょです。

 

厚揚げ生揚げとも呼ばれ、薄揚げよりも厚めに切った豆腐を油で揚げた物です。

 

原料は大豆からできているので、栄養価は高いのですが、油で揚げてあるぶん空気に触れると酸化していくので、早めに食べた方がいいでしょう。

 

料理する場合は、表面の余分な油を熱湯で流し、油ぬきをして油臭さをとった方がいいでしょう。

もやしと焼き油揚げの和え物

簡単!つまみになる一品!

サクサクの油揚げがスナック感覚で美味しいです。

もやしと焼き油揚げの和え物写真

<材料>

・油揚げ                  2枚

・もやし                  1袋

・ウェイパー(中華スープの素)      小さじ1/2

・めんつゆ(2倍濃縮タイプ)       小さじ1/2

もやしの量によって調味料を調整してください。

 

<作り方>

1.油揚げに熱湯をかけて油抜きをする。表面をキッチンペーパーなどで水分をふく。

 

2.油揚げを1㎝幅に切り、アルミホイルに並べトースターで焼く。

 

3.鍋に水を入れてお湯を沸かす。もやしを入れ1分ほど茹でる。

 

4.もやしの湯切りをして調味料と和える。

 

5.少し焦げ色がついたら、もやしと和えて、皿に盛り付ける。

コメント