なるほど!食べるには意味があった!七草がゆ

七草がゆイラスト 雑記

正月も終わり、食べ過ぎ飲み過ぎで、おなかも疲れている方も多いはず。

そんなあなたに・・・

今日1月7日は、七草がゆを食べる日ですが、知っていましたか?

ちゃんと意味があるんです。

 

「七草がゆ」は、節句の一つの「人日(じんじつ)の節句」1月7日の朝に食べるもので、

無病息災を願うとともに、体調を整えるという習慣です。

 

七草

七草イラスト

せり  「せり勝つ」という意味。

鉄分が多く増血効果、解熱効果、整腸作用、利尿作用、血圧降下作用などがあります。
なずな 「撫でて汚れを除く」という意味。

別名をぺんぺん草。利尿作用、解熱効果などがあります。
ごぎょう  「仏のからだ」という意味。

ハハコグサのことです。せきやたんに効果があり、のどの痛みもやわらげてくれます。
はこべら  「繁栄がはびこる」という意味。

はこべとも呼ばれます。タンパク質が多く、ビタミン、ミネラルなど栄養が豊富。

腹痛の薬とか、歯槽膿漏などに効果があります。
ほとけのざ  「仏の安座」葉っぱが地面に広がって生えることから。

胃を健康にし、食欲増進、解毒作用があります。
すずな   「神を呼ぶ鈴」という意味。

便秘改善、消化不良の改善、利尿作用に効果があります。
すずしろ  「けがれなき清白」という意味。

大根のことです。食欲増進、風邪予防や美肌効果があります。

 

七草がゆ

七草がゆイラスト

はじまりは、平安時代頃といわれています。

節句の1月7日に食べるようになったのは、江戸時代になってからのようです。

まな板の上で歌いながらトントン叩いたり、気候によって取れる草が違ったり、入れる野菜が各地によって違ったり、食べ方や風習も各地さまざまです。

 

今は、スーパーなどで「七草がゆセット」が売っているところも多いと思いますが、無ければ他の野菜などで作ってみてもいいですね。

健康をお祈りして、胃を休ませてあげる。

昔からの習慣てちゃんと意味があって、よくできてますね。

コメント