各地によって違う?お雑煮を調べてみた

お雑煮 写真 雑記

お正月はやっぱりお雑煮を食べますよね。

おもに正月に食べられる日本料理ですが、各地、各家庭によって味つけや具材が違うと言われます。気になったので調べてみました。

 

お雑煮 写真

 

お雑煮の由来

由来は諸説あるようですが、平安時代にさかのぼると言われてます。

お雑煮に入れる餅は、昔から祝い事や特別な日に食べる「ハレ」の食べ物でした。

その餅とにんじんや大根などの産物を神様にお供えし、それらを煮て食べたことが始まりのようです。

「雑煮」の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、いろいろな具材を煮合わせたことからきています。

お雑煮は健康祈願、五穀豊穣を祈り食べられる、正月には欠かせない祝いの料理なのです。

 

お雑煮にはお餅が入ってますが、昔はお米からできている餅は高価なもので、身分の高い人しか食べれなかったようです。

庶民のお雑煮には、餅の代わりに里芋が入っているのが一般的でした。

江戸時代に入り、一般庶民にも餅が手に入るようになり、餅が入ったお雑煮が広まっていったと言われています。

 

各地でお雑煮が違う?

日本各地で味つけ、餅、具材がさまざまです。

 

餅の違い

関東、東北、東海は角餅が多いようです。

江戸時代、人口が集中していた関東では、一つずつ手で丸めるよりも一度に切ってたくさん作れる角餅が使われるようになったと考えられてます。

関西、四国、九州は丸餅。「円満」を意味する縁起のいい丸餅が使われます。

また、関ヶ原の戦いで東方は角餅、西方は丸餅に分かれたとも言われています。

 

餅を焼いて食べるのは角餅が多く、焼かないで食べるの丸餅を入れる関西が多いようです。

 

汁の違い

関西は白味噌仕立てが多く、東日本と近畿以外の西日本は醤油ベースのすまし汁仕立てが圧倒的に多いようです。

その他に、赤味噌やぜんざい風、タレで食べるところもあります。

だしも昆布、鰹節、鶏ガラ、煮干しなどさまざま。

具材の違い

にんじん、大根などのその土地それぞれの産物を入れます。

東北は山菜やキノコ類、北海号や新潟の鮭やイクラ、千葉の青海苔、島根の岩海苔やハマグリ、広島の牡蠣、鹿児島のさつま揚げなどそれぞれ。

関西では、大根やにんじんを輪切りにし「角が立たないように」という意味があるとか。

香川県では、白味噌の汁にあんこが入った丸餅を食べるようです。

 

沖縄は?北海道は?

もともとは食べる風習はなかったようです。

沖縄は、お雑煮ではなく豚のモツを使った「中身汁」や、

お祝い料理で具沢山の味噌汁「イナムドゥチ」を食べます。

最近は沖縄もお餅が入ったお雑煮を食べるようになったようです。

北海道も一般的に食べられています。

 

各地それそれの文化や風習、産物の違いによって違いあるお雑煮。

各地をまわって食べ比べをしてみるのもおもしろいかも。

コメント