じっくりオーブンで美味さ凝縮!焼きパプリカのマリネ ペペロナータ

ペペロナータ写真 洋食

パプリカのことをイタリア語では”ペペローニ”と言いますが、そのパプリカを使った料理のことを”ペペロナータ”と言われています。

パプリカをオーブンでじっくり焼くことによって、甘みたっぷり、旨味が凝縮されとろけるような食感に。

アンチョビの塩気と旨味、ケッパーの酸味がより一層美味しくしてくれます。

ワインのアテに、パーティーにぴったりの一品です。

ペペロナータ写真

<材料>

・パプリカ赤・黄        各1/2個

・ニンニク            少々

・アンチョビ           2尾

・ケッパー           大さじ1

・EVオリーブオイル       大さじ2

 

<作り方>

1.パプリカとニンニクを200℃のオーブンで表面が焦げるまで焼く。(約30分)

ペペロナータ2写真

 

2.パプリカを冷まし皮をむき、1㎝ほどに細切りする。

 

3.アンチョビ、ケッパーをみじん切りしてオリーブオイルとニンニクをつぶし入れ混ぜる。

ペペロナータ3写真

4.材料を全て混ぜ冷蔵庫で冷やして完成です。

 

ポイント

・パプリカを焼くときは様子を見ながら時間を調整してください。

・パプリカから汁がでたら捨てずにソースに入れて。

・アンチョビによって塩加減が違うので味をみて塩で調整する。

コメント