リンゴの酸味と甘みがポイント!鶏肉とリンゴのオーブン焼き

鶏肉とリンゴのオーブン焼き写真 洋食

鶏肉とリンゴのオーブン焼き写真

 

リンゴは肉の料理と相性が良いですが、今回は鶏肉と合わせてみました。

リンゴの酸味と甘みが肉の旨味と合わさって、とても美味しいソースができました。

簡単ですが、見た目、味ともにGOOD!

 

<材料>2人分

  • 鶏モモ肉       1枚
  • リンゴ        1/2個
  • タマネギ       1/2個
  • バター        10g
  • 砂糖          5g
  • バルサミコ酢     30cc
  • 粒マスタード     大さじ1
  • 赤ワイン       50cc
  • 塩          適宜
  • コショウ       適宜
  • 小麦粉        適宜

鶏リンゴ下準備写真

 

<作り方>

1.鶏肉は余分な脂を取り除き、下味が入りやすくなるように、両面をフォークなどでブスブス刺す。

 

2.タマネギを少し幅広のスライスにする。油をひきフライパンで半透明になるまで炒め、フライパンから上げる。

鶏リンゴタマネギ焼き写真

 

3.リンゴは芯の部分を取り、皮付きのまま薄めのくし切りする。フライパンにバターを入れ中火で焼き色が付くまで焼く。砂糖をからめ、フライパンから上げる。

鶏リンゴソテー写真

 

4.鶏肉に塩・コショウをして小麦粉を薄く付け、油をひいたフライパンで皮面から焼き色が付くまで両面焼く。

鶏リンゴ鶏ソテー写真

 

5.耐熱皿などにタマネギをのせ、その上に鶏肉の皮面を上にしてのせ、周りにリンゴをのせる。200℃のオーブンで15〜20分焼く。

 

6.小鍋にバルサミコ酢と赤ワインを煮詰め、鶏肉とリンゴからでた肉汁を入れ、照りが出るまで煮詰める。粒マスタードを入れ、塩・コショウで味を整える。甘みが足らない場合は砂糖を入れ調整する。

 

7.お皿に盛り付けソースをかけて完成です。

 

バルサミコ酢の酸味とリンゴのさわやかな甘さ、粒マスタードの香りが絶妙に合わさり旨味たっぷりのソースになりました。

ワインにとても合うメインディッシュです。

 

今回は鶏モモ肉を使いましたが、骨つきモモ肉があれば見た目も豪勢になっていいですね。

豚肉でも美味しいと思います。

 

コメント